トップページ > お知らせ一覧

お知らせ一覧

諏訪坂Diary~復活編

IMG_20171004_085036 (2)

今年も飾られました

お友達が増えていました

諏訪坂Diary~健康

2009年に走って以来(この時も当選発表の日にシューズを買いに行った)、毎年ドキドキしながら応募していますが、今年も東京マラソン、無事に落選の報が来ました。当たったら走ろうと思っていましたが、また1年延期です。

就業規則が法改正に対応できているかどうかの見分け方

あなたの会社の就業規則は、新しい法改正にきちんと対応できていますか?
対応できているかどうかの見分け方をお教えします。
就業規則に「看護休暇」「介護休暇」という単語がない場合、新しい法改正に対応できていません。見直しの必要があるでしょう。

「事例に学ぶ相続事件入門」のお知らせ

当事務所の村手が執筆に参加した「事例に学ぶ相続事件入門」(民事法研究会編)が相続に関する総合情報サイトGOLD ONLINEで紹介されました。

諏訪坂Diary~回答

だって,15でしょう。そんな本格的なバイクを盗むなんて大それたことをするとは思わなかったんです。

まあ言われてみれば確かに,原付ではあまり自由になれた気もしないですね。

何せ,原動機付き

「自転車」

ですからね。。。

諏訪坂Diary~疑問

盗んで走ったバイクが原チャリって。

そうなの? や。

【テレビ出演】望月晶子弁護士 NHK総合「あさイチ」

弊事務所の望月晶子弁護士が、6月21日、NHK総合の朝の情報番組「あさイチ」の特集「無関係ですか?性暴力被害」に、コメンテーターとしてゲスト出演しました。

諏訪坂Diary~バジル

IMG_バジル

バジルに花が咲きました。

綺麗なかわいい花でした。

諏訪坂Diary~永田町

先日,いつもと違い半蔵門線永田町駅から事務所に出勤することになった。

5番出口に向かって改札口を出ると,周りの数人が歩き出さず滞っていた。戸惑いながらそれをよけて進み始めると,その人の群れはなんと3番出口から続いた行列があった。

さっきの人の滞留はこの列へ並ぶためだったのである。

聞くところによれば,並ぶのを知らず3番出口の下に行った人は最後尾に戻って並び直すそうである。

かなり衝撃的だった。 や。

 

諏訪坂Diary 〜読書編

ベスト&ブライテスト(ハルバースタム著)を読みました。とても面白かったです。や。

弁護士黒井新が執筆に関わった「遺言条項例300&ケース別文例集」の改訂版が発売されました。

弁護士黒井新が共同執筆者として関わった「遺言条項例300&ケース別文例集」(日本加除出版の改訂版がこのたび発売となりました。

遺言の目的ごとの条項例が網羅的に収録されており、遺言書作成のために必携の書籍となっています。

2012年1月に発売されて好評を得て、このたび改訂版が出されることとなりました。

是非お手にとってご覧ください。

多田幸生弁護士が入所致しました

多田幸生弁護士は,2002年に東京大学法学部を卒業後、みずほインベスターズ証券(現みずほ証券)に勤務し、

証券法務をはじめとする企業法務の実務に従事した後、2008年に中央大学法科大学院に進み、

2011年から、弁護士法人小野総合法律事務所において多様な案件を通じて企業法務や訴訟法務に携わった

豊かな経験の持ち主です。

 

多田弁護士より

「弁護士登録する前は、証券会社に勤務しておりました。

弁護士としては、銀行系の法律事務所で5年間の研鑽を積んでまいりました。

これまでの経験をもとに、企業の皆様、個人の皆様のお役に立つことができれば、と考えております。

まだまだ未熟者ではございますが、依頼者の皆様方からご期待をお寄せいただけるよう、そして、お寄せいただいたご期待にお応えして一層信頼していただけるように、

さらなる研鑽を重ね、全力を尽くして邁進してまいる所存です」

 

より一層パワーアップした諏訪坂法律事務所を是非ご活用ください。

 

年末年始休業のお知らせ

当事務所は,下記の期間,年末年始のため休業いたします。

平成28年12月29日(木)~平成29年1月4日(水)

 

新年は,平成29年1月5日(木)から営業いたします。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

犯罪被害者週間中央イベント・望月がパネリストを務めました

 

昨日、霞が関のイイノカンファレンスセンターで行われた、警察庁主催、犯罪被害者週間中央イベントで、弁護士望月がパネリストを務めました。およそ200名の方が出席され、大盛況でした。

dsc_0437

 

諏訪坂Diary~晩秋編

其の一

先日,仕事で練馬区某所へ行ってきました。10月末頃だったのでちょうどハロウィンの時期。

ここ数年,ハロウィンが盛り上がって,皆さん仮装して街に繰り出したりしてらっしゃるようですね。

ええ,警察の方々も,繁華街など警備が大変だということは存じております。

でも,ピーポ君。かわいいよ,かわいいんだけど・・・

君,間違えちゃってるよね。魔法使いと仮面舞踏会がごっちゃになってるよね。

一瞬ヴェネツィア感が味わえた晩秋の朝でした。

01c2db030d525ef6714a43e03ae9487e9c72d590e2

 

其の二

練馬の後は,仙台へ。

お天気にはさほど恵まれなかったものの,紅葉がとてもきれいでした。

写真は,仙台から電車で20分程度離れた法務局の周辺。震災の影響だろうとは思いますが,街は新しくてとてもきれいでした。

みなさん,機会があれば是非東北へ。

012c65a02e8935305d6efca4146f2793c31b0c7862

昨日発売の週刊文春に望月のコメントが掲載されました

dsc_0212

諏訪坂Diary 〜読書編

諏訪坂事務所では、読書好きの所員が多く、それぞれお薦めの本を紹介し合ったりしています。

かくいう私のお薦めは、なんと言っても先日惜しくもノーベル文学賞をボブ・ディランにさらわれた村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」です。

今から遡ること10年近く前に同期の弁護士から薦められて始めて読んだ村上作品。

読み始めてすぐに衝撃を受けたのを覚えています。極限までそぎ落とされた文章、内容はファンタジーなのに見事なまでに論理的な展開。

長編ではありますが一気に読んでしまいました。

そんなわけで特にお薦めということで、事務所内の他の弁護士にもお勧めしたのですが…。

「意味が分からない」、「つまらない」とさんざんな言われよう(笑)。

確かに村上春樹作品には好き嫌いがあると思います。

しかし、あまりに言われたので自分に自信が無くなり、先日再度読んで見ました。

感想は…最初の感想と変わりませんでした。2回読んだことでさらにその凄さが分かった気がします。

 

ということで好き嫌いは大きく分かれるようですが、ちょっと興味をお持ちになった方は是非お手にとって見て下さい。

諏訪坂Diary

こんにちは。

だいぶ涼しくなってきましたが,今日は逆戻り。暑い一日ですね。

さて,先日,法教育授業ということで都内高校にて,

「デートDV」の授業をしてまいりました。

授業の中で,生徒さんにロールプレイをしてもらうのですが,

なかなかの熱演で盛り上がりました。

交際相手との関係を見直すきっかけになってくれると嬉しいです。

Y

 

福岡県弁護士会の研修で望月が講師を務めました

弁護士望月が、福岡県弁護士会の研修の講師を務めさせていただきました。博多から電車で1時間ほどの志賀島というのどかな地での研修でした。

dsc_0158dsc_0156

本日発売の週刊文春に望月のコメントが掲載されました

本日発売の週刊文春に望月のコメントが掲載されました

dsc_0016

諏訪坂Diary~自転車編

01ad4275769766e0529f205cef9b898bca363e7b61 0167ea17116c4567e997654303dc6e72e1448ae87e

昨日(平成28年9月12日)、所用があって外出してきました。目的地は六本木。

涼しくなったので、事務所の自転車で出かけました。

事務所は麹町にあるので六本木までの距離は短いのですが、なにせ永田町〜赤坂見付の谷を越えねばならず、帰りは汗だく。

でも、知らない場所を自転車で走るのは新鮮で楽しいです。

写真は近所の豊川稲荷東京別院。青山通りの途中にあります。

この豊川稲荷、もともとは元大岡越前守の邸宅で、「ダ枳尼眞天」(ダキニしんてんと読むらしい)を自宅に祀ったのが由来だそうです。

ダキニ天というのは、日本では宝珠を捧げて白狐の上に乗っている天女様らしいんですが、インド(ヒンドゥー教)では、人の死ぬのを察知してその人の心臓を取って食べてしまう夜叉なんだって。

うーん、一体いつどこでそんな変わってしまったのかしら。

なんだか怖いですね。まあ日本に近づくにしたがっていい方に変わっているので、怖くないのかもしれませんけど。

ま、それはそれとして、豊川稲荷は、商売繁盛、家内安全の寺院だそうで、参拝客も多数いらっしゃいました。

私も横目で参拝客の皆さんの幸せを願いつつ、もし万が一困ったことがあったらうちの事務所に相談に来てね、と思いながら、坂を駆け下りて、かけあがって事務所に戻ってきました。

ああ疲れた。いい運動でした。

ではまた自転車でどこかに行ったらレポートします。

 

諏訪坂Diary

先日,日弁連主催の集会に行きました。

内容がとても充実していて,有意義でした(毎年参加していますが,一度も寝なかったのは初めてかも)

参加者も多く,大成功だと思います。

なお,当日,飛行機の関係で3分ほど送れて会場入りし,

一番最初の挨拶の途中からの参加となってしまいました。

その夜もあまり郷土色のない食事で,翌朝もホテルで朝食。

その後,午前中の会議で司会をし,その会議を12時に終えた後,

続いて小規模の会議を1250分までやり,13時からさらに別の会議。

この10分間で,コンビニでサンドウィッチを買って食べました。

15時過ぎにその会議を抜け出し,17時発の飛行機に乗るべくリムジンバスで移動。

折角の地方出張が,本当に会議のみ。

空港でお土産を買った後,出発までの20分間で,やっと地元っぽいうどんを食べました。

今度はゆっくり行きたいです。

 

全国経験交流集会に出席しました

第18回犯罪被害者支援全国経験交流集会@秋田に望月,黒井,山本が出席しました。

今回は,殺人事件の報告と共に犯罪被害者に関する報道がメインテーマでした。

全国で頑張っている弁護士の活動を知り,自分たちも頑張らなければならないと,

思いを新たにしました。

テレビ東京NEWSアンサーの取材を受け、望月のコメントが放映されました

26日、望月のコメントがテレビ東京NEWSアンサーで放映されました。

詳しくはこちら

諏訪坂Diary

諏訪坂Diary

昨日、一審が裁判員裁判だった事件の控訴審が結審しました。

控訴審で医師2名を尋問し、第7回期日での結審でした。

私以外、相被告人3名の弁護人がいずれも(現・元)刑事弁護教官で、

大変心強かったです(起案を見せるのはドキドキしましたが)。

では、また。や

弁護士ドットコムに掲載されました

望月のインタビューが弁護士ドットコムという、弁護士紹介サイトに掲載されました。

ぜひご覧ください(望月も前掲のお弁当屋さん愛好しています笑)

詳しくはこちら

諏訪坂Diary

諏訪坂Diary

諏訪坂法律事務所です。
これから気がついたことを書いて行こうと思います。
今日は第一回なので、事務所近くのお昼のお弁当事情です。
一番近いのは一階の「おはな」さんが出しているお弁当です。
美味しくてリーズナブルなので、12時頃には売り切れることがあります。
あと、傍に自動車で売りに来るお弁当は曜日ごとにお店が違い、お気に入りのお店の時に買っています(ちなみに火曜と金曜がお薦めです)。

また。

取材

山本が平成28年8月23日に言い渡された損害賠償請求に関する判決について,

NHK山形局放送部の記者から電話で取材され,放送されました。

弁護士望月が取材を受け、中日新聞/東京新聞に記事が掲載されました

長年犯罪被害者支援活動に携わっている望月が、

中日新聞から取材を受け、本日記事が掲載されました。

IMG_5038

 

 

ストーカー規制法改正の動きがあります

日弁連犯罪被害者支援委員会で事務局次長を務める望月が、先日、

ストーカー規制法改正についての会合に出席して参りました。

(ちなみに、山本は同委員会事務局長、黒井も事務局次長です)

ストーカーの9割近くが警察の警告で止むとはいえ、ストーカーによる悲惨な犯罪が後を絶たない中、

よりよい仕組み作りに向けて、現場を知る実務家として声を伝えて参りました。

 ストーカー規制法改正案について日弁連の担当者らと意見を交わす大口座長ら=29日 衆院第2議員会館

弁護士望月がフランスの新聞La Croixの取材を受け、ポートレート欄に記事が載りました

フランスの日刊紙La Croixに望月が行っているNPOの活動等に関し、記事が載りました。
詳しくはこちら
Depuis 2012, Akiko Mochizuki a suivi 1 500 victimes.
ポートレート:レイプクライシスセンターTSUBOMI代表 望月晶子氏
普段はどちらかというとおしゃべりで明るい望月晶子氏だが、扱う性犯罪被害者について話し出すと急に真剣な弁護士の眼差しになりその口ぶりは熱を帯びる。
日本のレイプクライシスセンターの草分けの一つであるTSUBOMIの代表である望月氏は、そもそも性犯罪被害者支援をするために弁護士になったわけではなかった。ある有名な商社で働いていた彼女は、「人の役にたつ仕事をする」ため弁護士になり、そこで犯罪被害者支援の委員会の扉を叩く。彼女が日本の性犯罪被害者の状況を知るのはこの委員会においてである。
「警察や病院、弁護士といった各機関の間の連携がないので、被害者は自分で全てを回らなければいけません。PTSDで自宅から出られない、という人がいるのにも関わらずです」と彼女は話す。不十分な教育やレイプクライシスセンターが発達していないせいで、被害者はどこで何をし、誰に相談すればいいのかわからないこともあるという。
2012年、「誰かが彼ら彼女らの受け皿にならなければ」という思いから、苦難を乗り越えて花を咲かせるという願いを込めてNPO、TSUBOMIを設立した。以来相談件数は1500件を超える。
教育や行政の分野の改善など、課題は山積みだが、国からの支援がないなどNPO運営は容易とは言えない。それでも続けられるのは、「もっと被害者に理解のある社会を作らなければいけない」との思いがあるからだ。現在TSUBOMIは弁護士や心理療法士、被害者など15人ほどのメンバーを抱え、メールや電話で被害者の相談に乗っている。

ホームページを公開しました。

ホームページを公開しました。

ご相談窓口 【受付】月~金 午前9時30分~午後5時30分 tel.03-6261-2605 fax.03-6261-2610

メールでのご相談予約はこちら

Access MAP

諏訪坂法律事務所

〒102-0093
東京都千代田区平河町2-4-5 平河町Kビル7階

麹町駅より徒歩約3分
永田町駅より徒歩約4分

大きい地図でみる