トップページ > お知らせ一覧 >  お知らせ

【ブログ】不動産競売の物件は一般仲介の物件より安いのか?

弁護士 多田幸生

 

裁判所の不動産競売で売却される不動産は、一般の仲介物件と比べて安いと言われます。

 昔はそうだったかもしれませんが、今でもそうでしょうか?

 

昔は、競売といえば「占有屋」のイメージがありました。

怖い顔のお兄さんたちが建物に居座って出て行ってくれない。

そのせいで、競売にかけても捨て値でしか売れない、というイメージです。

 

しかし2004年から2005年に民事執行法が改正されると、状況は一変しました。

占有者の排除が容易になり、「占有屋」は姿を消し、競売は危険だというイメージは薄れました。

私は2011年以来、約30件の不動産競売手続を代理しましたが、占有屋に出会ったことは一度もありません。

 

法改正の結果、競売は「物件を安く仕入れることができる制度」として人気を博するようになりました。

とくに買い取り業者を中心に、入札者数が増え、落札価格は上昇していきました。

最近では、「競売物件はもはや一般仲介と同程度にまで値上がりしていて、うま味がない」という声すら聞きます。

競売から撤退する買い取り業者も増えていると聞きます。

 

はたして、競売物件は一般の仲介物件よりどれくらい安いのか、あるいはもはや安くはないのか、できれば数字で知りたいなあ、と思っていたところ、よい論文がありました。

 

森岡拓郎「競売不動産の価格下落効果の推定」(日本不動産学会誌/第32巻第3号・2018.12)です。

 

森岡氏によれば、競売物件と一般物件の価格差(下落率)は次の通りです。

 2001年 45%

 2006年 25%

 2010年 35%

 

・・・なんとも興味深いデータですね。

 

改正前の2001年には、競売物件は一般仲介物件より45%下落するのが通常でした。

改正直後(2006年)、下落率は25%まで大幅に改善されました。

しかし、その後、2010年の時点では、下落率は再び拡大し、35%になっているというのです。

(なお2011年以降のデータはありません。)

 

私なりに読み解きますと、

改正直後、多くの買い取り業者が押し寄せて競売物件の価額は上昇したものの、その後、撤退する買い取り業者が相次いだために、価額は再び下落に転じた、

というイメージでしょうか。

 

いずれにせよ、競売物件が一般仲介物件より安いことは、今でも間違いないようです。

ご相談窓口 【受付】月~金 午前9時30分~午後5時30分 tel.03-6261-2605 fax.03-6261-2610

メールでのご相談予約はこちら

Access MAP

諏訪坂法律事務所

〒102-0093
東京都千代田区平河町2-4-5 平河町Kビル7階

麹町駅より徒歩約3分
永田町駅より徒歩約4分

大きい地図でみる